CONCEPT コンセプト

煌めきと英和が連鎖する未来と出逢う

かつて、19世紀中頃から20世紀初頭にかけて、アメリカ合衆国の数多くの主要都市にて、
公園や河川等を担保し、主要な街路へと結びつける「バークシステム」という都市計画論が登場しました。

その思想を受けて、アメリカ合衆国のボストンでは「エメラルドネックレス」と呼ばれる公園群が開発されました。
それはアメリカ合衆国最古の都市公園であり、九つの公園が全長11.2kmにわたり歩道や水路でネックレスのようにつながっています。

この「エメラルドネックレス」をモチーフとしたのが「レーベン守谷 THE BRIDGE」のあるビスタシティ守谷。
松並地区独自の緑を基軸とする都市構造「エメラルドクロス」が提唱されています。
都市がどんなに発展しても、こうした緑のネットワークが美しい景観とともに癒しや潤いを運んでくれます。

優雅な日常を形成する厳格な建築と繊細且つ大胆な美意識

ものづくりに妥協しない精神。
先進の考え、様式を取り入れた建築、より確かな安全。
周りの景色や空気感との関係性にも配慮された建築美。
美しい景観の街並に相応しい安住の邸宅。
経験や実績はもちろん、細部に至るまでこだわりを積み重ねた、揺るぎない上質。

街のシンボルとなる伸びやかに広がる美しいシルエット

ビスタシティ守谷の最前列に相応しく、東西に美しく、伸びやかに広がる外観。
壮大なスケールを誇りながらも、厳選された良質なタイルや重厚な石材が随所に取り入れられ、邸宅としての品格が醸し出されています。
ガラス素材でふんだんにレイアウトされた南面には眩しいほどの太陽の光が降り注ぎ、そのシルエットを輝かせています。
※上記の内容は分譲当時のパンフレットに記載されている内容を基に掲載しております。